Top Message

代表メッセージ

オカムラ食品グループは、「海の恵みを絶やすことなく世界中の人々に届け続ける」ことをミッションとし、サーモン養殖事業、水産物加工事業、海外卸売事業の3つの事業を柱としてビジネスを展開しています。

日本初の生食用サーモン大規模養殖事業で地域社会に貢献

デンマークでの養殖事業で培った技術を活用し、2015年国内初の大規模生食用サーモン養殖を青森県にてスタートさせました。以来毎年生産数量を拡大する一方、サーモンの最大の魅力である身色を重視した品質改善を行い、国内外のお客様から高い評価を得ています。サーモン養殖事業の成長産業化により多くの雇用を生み、地域社会の活性化に貢献しています。

日本人社員とローカルスタッフのチーム力で日本品質を実現

創業以来50年に亘る国内での水産加工事業で培った安全安心の品質管理や生産ノウハウを、ベトナムのパートナー工場やミャンマーの自社工場に移植することに成功しました。日本人管理者と現地社員のチームワークの良さでお客様の高い要求に応えています。また、シンガポールやマレーシアで展開している海外卸売事業でも同様に高いサービスレベルを実現しています。サービスや製品の日本品質の再現は日本から進出されるお客様の成功に欠かせない条件となっています。

成長は持続可能なビジネスモデルで

私たちオカムラ食品グループは、お客様や地域社会、そして生産の基盤となる自然に対し感謝の念を忘れず謙虚に向き合いながら、継続的な繁栄に資することが価値であると考えています。水産業は国内では衰退産業、海外では成長産業と言われていますが、持続可能なビジネスモデルで水産業の成長産業化を達成するという大きな志をもって日々業務に励んでいます。

2020年7月1日

代表取締役会長
岡村 恒一

PAGE TOP