Seafood Processing and Sales Business 水産加工販売事業

Seafood Processing and Sales Business

水産加工販売事業

㈱オカムラ食品工業創業以来、約半世紀にわたり水産加工販売事業を展開してきました。現在オカムラ食品工業グループでは、日本国内(青森県)、ミャンマー、ベトナムの3拠点で様々な水産物の加工を行っています。 2019年に稼働したミャンマー工場はオカムラ食品工業グループ初となる国外水産加工工場で、日本をはじめ、東南アジア各国に水産加工品を供給する役割を担います。

株式会社オカムラ食品工業

魚卵の加工会社として1971年に創業したグループの中核です。青森事業本部では、青森工場で「青森サーモン」をはじめ、魚卵などの様々な水産物を加工、販売しています。東京事業本部では、 グループ会社のみならず世界各地から水産原料を購入し、青森をはじめとする水産加工工場で商品を製造、販売しています。魚を育てる技術、処理・保存技術、品質を評価する目利きなど、魚を中心とした食生活の中で知識・知恵として受け継がれ、蓄積されてきた高度な日本の魚食文化を世界中の顧客の皆さまのニーズに合った、安心・安全かつ高品質な「Made By Japan」製品としてお届けしています。

Okamura Trading Myanmar Co,Ltd.

Okamura Trading Myanmarはミャンマーのティラワ経済特区に現地法人として2018年に設立したグループ初となる海外水産加工工場です。 約420名の現地スタッフを採用し、2019年1月には最新技術を導入した工場が稼働し、サーモンの加工・出荷を開始しました。今後さらに世界各地へサーモンを供給していくための中核として期待される東南アジアの加工拠点です。

PAGE TOP